水銀通信Vol.08

2019年5月1日、元号が平成から令和へと変わりましたね。
見積書や契約書などの書類に令和と記載すると、「元号が変わったんだなぁ」と実感します。

さて、2017年10月1日に廃掃法が改正され、新たに「水銀使用製品産業廃棄物」が廃棄物の種類として追加されました。

水銀使用製品産業廃棄物には水銀体温計や蛍光ランプなどの製品があります。

しかし実際、どのような製品に水銀が含まれているかといった事がお分かりにくいかと思います。

そこで、世の中にある水銀使用製品を定期的にご紹介いたします。

水銀通信Vol.08【水銀含有農薬】はこちら

※PDF資料となっております。

 

過去の水銀通信はこちらからご覧頂けます。