廃乾電池・廃蛍光灯・水銀の処理処分リサイクル

日本唯一の水銀リサイクル処理企業

使用済み蛍光灯のリサイクルシステム

破砕後、洗浄されたガラスは住宅用断熱材や新しい蛍光灯の原料へ、アルミ・口金はアルミ原料へリサイクルされます。洗浄後の廃水からは水銀を回収します。

リサイクルの流れ
リサイクルの流れ
使用済み蛍光灯

管状管形、直管形、ボール形、コンパクト形など、様々な種類の蛍光灯に水銀が使用されており、適正なリサイクルが必要です。

破砕・選別

未破砕で搬入された場合は破砕作業を行います。ガラスと口金部分の選別を行います。
動画を見る

被膜付蛍光灯の場合は手作業で被膜をはがします。

蛍光灯の口金など
洗浄・選別

洗浄し、微細な異物や水銀を取り除きます。

水銀スラッジ

湿式洗浄機

選別
アルミ・口金
アルミ原料
レアアース
原料
焙焼工程

600~800℃で焙焼し、水銀を気化させます。

動画を見る

多段式焙焼炉 水銀蒸気
水銀のリサイクル
濃縮

コンデンサータワーを通過しながら、水銀蒸気は冷却され再び液体の水銀となります。

コンデンサータワー
精製

回収された粗水銀は精製され、高純度の金属水銀(無機水銀)になります。

水銀

蛍光灯製造工場、特殊計測機器製造工場など
リサイクルされた水銀は再び蛍光灯の材料として使用されます。

水銀試薬の各種製造

大学や研究機関
水銀試薬は各種実験、研究に使用されます。

ガラスのリサイクル
蛍光粉の
リサイクル

重比重で蛍光灯の9割以上を占めるガラス部分は、ガラス原料などとして生まれ変わります。

動画を見る

混合カレット

セメント原料

カレット

グラスウール
住宅用の断熱材に使用されます。

高品位カレット

出荷間近の水銀注入作業

ランプtoランプ

ガラスカレットから蛍光灯のガラスを作ります

使用済み蛍光灯リサイクルシステム 印刷用PDF(2.12MB)

※弊社工場見学やリサイクル品の出荷先などの詳細は営業担当者にご相談ください。

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるには"Adobe Reader"がインストールされている必要があります。
左のアイコンより無償でダウンロードできます。